副作用が少ない

By | 2018.03.24

がんの治療にNK療法が良いと言われる理由はいくつかありますが、一つには副作用が少ないことが挙げられます。一般的ながん治療だと強い副作用に見舞われてしまうというイメージがあると思いますが、実際にガンの治療では強い副作用が生じてしまうことが多々あります。特に放射線治療においてはかなりの負担が体にかかってしまうことがありますし、末期がんなどの場合には逆に寿命を縮めてしまうことも少なくありません。強い放射線を大量に照射してしまうと逆に命を縮めてしまうことになるのです。

副作用ツライ状態を我慢する日々が続いてしまいますし、治療を続けたくないと訴える患者も少なくありません。それほど放射線治療における副作用は強いと言われています。また、放射線治療に限らず抗がん剤治療なども強烈な副作用に見舞われるといわれていますし、髪の毛が大量に抜けるなどの作用もあります。NK療法に代表される免疫療法だとこうした副作用とは無縁で、ほとんど副作用はありません。一部の患者で軽度の発熱が認められることがありますが、基本的にはそれくらいの副作用だといわれています。つまり、いろいろあるがん治療の中でもっとも体への負担が少ない治療と言えるのです。