NK療法について

By | 2018.03.21

NK療法NK療法という治療法を初めて耳にするという方もおられるでしょうが、これはナチュラルキラー細胞を用いた治療法となります。ナチュラルキラー細胞すら初めて聞いたという方がほとんどかもしれませんが、ナチュラルキラー細胞そのものは1970年に発見されています。このナチュラルキラー細胞は生まれながらの殺し屋とも呼ばれている細胞で、悪性腫瘍を攻撃するという特徴を持っているのです。人体の免疫システムを担う細胞はたくさんありますが、その中でもナチュラルキラー細胞は常に体内を巡回してがん細胞やウイルス感染細胞などへ初期攻撃を行います

NK療法ではこのナチュラルキラー細胞の特性を活かした治療を行います。具体的にどのような方法で治療を行うのかということですが、まずは患者から採血を行い、採取した血液から細胞を培養させていきます。科学的技術で培養を行っていき、ナチュラルキラー細胞そのものの数を増やしていきます。数十億程度まで増やしたナチュラルキラー細胞を患者の体に戻してあげるところまでが流れとなります。増殖させたナチュラルキラー細胞を生理食塩水に溶かし、その状態で患者の体に戻して免疫力を高めていくのです。これがNK療法の大まかな流れとなります。